本文へスキップ

神奈川県川崎市川崎区渡田新町2-2-20-504
電話・FAX 044-280-7392

川崎市自閉症協会について

川崎市自閉症協会(川崎市自閉症児者親の会)は、自閉症への理解と支援の輪を広げるために活動しています。

 

代表理事挨拶〜2021年度の活動に向けて〜

川崎市自閉症協会
川崎市自閉症児者親の会
代表理事 明石洋子

明石代表理事皆様お元気でしょうか?波乱の2020年が幕を閉じ、2021年の新しい年になりました。しかし新年早々、2度目の緊急事態宣言が発令され、新型コロナの感染拡大の脅威にさらされています。身近な福祉施設や医療機関で相次いで感染者が確認されるようになり、今はいつだれが感染しても不思議ではない状況になりました。
   医療関係者をはじめとする支援者の皆様に感謝しながら、検温、消毒、換気、三密を避けることなど、私たちは感染予防に努めることが大事でしょう。しかし我が子たちは、マスクをする必要性の自覚は難しく、感染予防の意味を理解できない自粛生活がどんなにか辛いことかと推察されます。周りが「感覚過敏でマスクができないのかなぁ」と許容してくれるなど、ASDの特性を理解して、合理的配慮を期待するしかない現実を考えますと、「ASDの理解と支援」の更なる啓発の必要性を感じています。
   さて、昨年を振り返ってみますと、春先から新型コロナウイルス感染が拡大し、4月に緊急事態宣言が発令され、当会でも2月8日のバスハイクの行事を最後に、全ての行事や会合が中止になってしまいました。特に、4月2日の世界自閉症啓発デー「第13回ようこそ自閉症ワールドへ」は、川崎アゼリアサンライト広場で、大々的にイベントを開催する予定でした。そのため準備した17,000枚のチラシが幻に。同じく啓発第2弾として開催予定の「第18回ジェイミーのコンサート」(ミューザ川崎)も、ピアニストの小川典子さんと世界最高峰である英国のクラリネット奏者マイケル・コリンズ氏の来日が叶わず、中止になりました。更に、当会が当番の「川崎市心身障害児者福祉大会」も中止となりました。
   また「ペアレントメンター養成講座」も第3期生の養成の予定でしたが、募集の公開講座が夏まで開催できず、やっと落ち着き始めた9月12日〜12月9日に、1期生と2期生を対象にフォローアップ研修を行いました。また、「オーティズム・カフェ」や「体育訓練会」もやっと活動を再開することができました。12月の障害者週間の街頭キャンペーンもどうにか開催することができ、市民の方々への唯一の啓発活動になりました。
   しかし、第3波の感染拡大で、今年1月7日から4都県に、13日からさらに7府県に2度目の「緊急事態宣言」が発令され、1月16日の市民プラザでの「成人を祝う会」はじめ多くの活動の休止を余儀なくされていますが、3月7日以降の緊急事態宣言の解除を見越して、3月20日に川崎市産業振興会館1階ホールにて、「内山登紀夫先生の講演会」を開催します。当会の設立40周年にふさわしい講演会になると思います。多数のご来場を期待しています。
   2021年4月の世界自閉症啓発デーは、4か所(ガラスの塔、川崎マリエン、アトレ、ラゾーナ)のブルーライトアップは継続して行い、イベントは開催せず、啓発ビデオを作成することになりました。現在「第1回ようこそ自閉症ワールドへ」(2009年4月5日、川崎市民プラザ)から現在までの、イベントの映像や写真チラシなどの資料を集め、実行委員会で編集中です。同じく啓発デーの第2弾として、オンラインによる「ジェイミーのコンサート」(ミューザ川崎公式YouTubeチャンネル:4月2日〜5月5日アーカイブ配信予定)も開催します。イギリスからの小川典子さんのピアノ演奏をぜひお聴きください。4月2日からチネチッタで、「僕が飛びはねる理由」の映画も上映されます。
   また昨年中止になりましたが、「令和3年川崎市心身障害児者福祉大会」を6月26日(土)13時から15時半、新設の「川崎市総合自治会館」(中原区小杉3町目600番 コスギサードアヴェニュー4階)で、川崎市自閉症協会が当番で開催いたします。市長が臨席されご挨拶される式典と岡部耕典氏(ASDの子を持つ父、早稲田大学教授)の講演会を行います。会場設営から運営まで当会が担当になりますので、会員の皆様のお手伝い及びご参加に、ご協力をお願いいたします。
   2021年(令和3年)4月から「第5次かわさきノーマライゼーションプラン」(令和3年からの障害者計画・障害福祉計画・障害児福祉計画)がスタートします。「自立と共生の地域社会の実現に向けて」計画されています。コロナ禍で区民説明会が中止になりましたが、内容は市のホームぺージに公開されます。
   人は人との関りから地域の中で豊かに生き、また共に接することから地域の方々も合理的配慮が何かを理解できますから、出会い触れ合う啓発活動が再開できるよう、一日も早いコロナの収束を願っています。
   会員の皆様は様々な工夫をしながら、自粛生活を送られていることと思いますが、我慢の日々の暮らしの中にも、ささやかな喜びを見出し、誰もが孤立せず、これまで以上に人とのつながりを感じられるよう、会としてできることは何なのかを考えていきたいと思っています。困難はまだまだ続くと思いますが、「安心して暮らせる地域づくり」を目指した実り多い1年になりますよう、今年もよろしくお願いいたします。

組織・役員

代表理事 内山 登紀夫 医師・大学教員
専門は児童精神医学・現在よこはま発達クリニック院長および福島大学大学院臨床心理学専攻教授。1997年8月から1年間ロンドンにローナ・ウイング・ジュディス・グルドの指導のもとアスペルガー症候群を学ぶ。著書「本当のTEACCH 自分が自分であるために」他

代表理事 明石 洋子 薬剤師・社会福祉士
社会福祉法人あおぞら共生会副理事。知的障害を持つ自閉症の息子の成長にあわせ、心のバリアフリー、ノーマライゼーション実現のための啓発に力を注ぐ著書「ありのままの子育て」他

  理 事  浅野史郎  大学教員
   高木一江  医師
   志賀利一  相談支援部長
   大石剛一郎  弁護士 
   斎藤悦子  当事者  家族 
   小泉佳世  当事者  家族
  監 事  小嶋珠実  社会福祉士 
   飯塚亮介   税理士 

沿革

1979年(昭和54年)に自閉症の親が、自閉症ゆえの子育てや療育の困難さを話し合う場として、また行政への働きかけを目的として「川崎市自閉症児者親の会(くさぶえの会)」を設立、その後、自閉症当事者とその家族を支援し、共に生きる社会を実現するため2014年、一般社団法人を取得しました。


方針

自閉症及びその周辺の障害(以下自閉症スペクトラムとする)を持つ当事者及び家族・関係者に対する支援を行うとともに、自閉症スペクトラムに関する社会一般への啓発を図り、自閉症スペクトラムのある人たちの福祉の増進に寄与する。


事業内容

  1. 自閉症スペクトラムに関する相談事業
  2. 自閉症スペクトラムに関する医療・教育・福祉等の研究会・講演会の開催
  3. 自閉症スペクトラムのある人の権利擁護を推進する事業
  4. その他
    ◎ 広報活動
    ◎ 当事者及び家族の社会参加するための支援活動
    ◎ 関係各機関との連携
    ◎ 決算公告(→決算公告のページへ)