本文へスキップ

神奈川県川崎市川崎区渡田新町2-2-20-504
電話・FAX 044-280-7392

川崎市自閉症協会について

川崎市自閉症協会(川崎市自閉症児者親の会)は、自閉症への理解と支援の輪を広げるために活動しています。

 

代表理事ご挨拶

川崎市自閉症協会
川崎市自閉症児者親の会
代表理事 明石洋子

「川崎市自閉症協会」のホームページにようこそ。
代表理事、明石洋子です。
自閉症はちょっと見たところわかりませんが、わが子も乳幼児期から変わった行動をして、「ちょっと気になる子」で、34歳の現在も首を振り振り独り言を言いながら歩いています。自閉症は、目が見えない、耳が聞こえないと同様に、「認知ができない」ためにわからないことやできないことがおきてきます。脳の機能障害が原因といわれており、字から想像してしまう自ら閉じこもる「病」や根暗な性格ではありません。

自閉症は現在、「広汎性発達障害」といわれ、3つの基本的特徴があります。
(1)社会性の障害、
(2)コミュニケーションの障害、
(3)想像力の障害とそれに基づく行動の障害(こだわりなど)
以上の症状が、3歳までに現れていたら「自閉症」と診断されます。
昔の自閉症の概念は、多くは知的障害を伴っていましたが、今は、知的障害を伴わないもの(高機能自閉症)や、更に加えて(2)の特徴があまり目立たないもの(アスペルガー症候群)もあり、「自閉症スペクトラム」と称されるようになりました。

本人達の暮らしは、「わからない、納得できない、しんどい」ことばかりなのですが、「言うことを聞かない、勝手な行動をして困ったやつ、反抗している」と勘違いされがちです。「一番困っているのは、本人!」なのです。
特性を正しく理解し、適切な支援、たとえば本人がわかるように情報を「具体的に、視覚的に、肯定的に」提供する等々、かかわる方が工夫して、支援することが大切と考えます。

特に、自閉症に対する誤解や差別・偏見などは、「知らない」から起こるもので、「知ってもらう」ことを第一に考え、本年7月からスタートした公共広告機構(AC機構)の「自閉症キャンペーン」や10月からのSMAPの草g剛さん演じる自閉症の青年をテーマにしたドラマ「僕の歩く道」の放送等を追い風に、正しく理解していただき、本人達が地域の中で自立できる支援を願って、親の会は努力したいと思っています。
皆さまの、今後とも更なるご理解とご協力を心よりお願いいたします。

組織・役員

代表理事 内山 登紀夫 医師・大学教員
専門は児童精神医学・現在よこはま発達クリニック院長および福島大学大学院臨床心理学専攻教授。1997年8月から1年間ロンドンにローナ・ウイング・ジュディス・グルドの指導のもとアスペルガー症候群を学ぶ。著書「本当のTEACCH 自分が自分であるために」他

代表理事 明石 洋子 薬剤師・社会福祉士
社会福祉法人あおぞら共生会副理事。知的障害を持つ自閉症の息子の成長にあわせ、心のバリアフリー、ノーマライゼーション実現のための啓発に力を注ぐ著書「ありのままの子育て」他

  理 事  浅野史郎  大学教員
   高木一江  医師
   志賀利一  相談支援部長
   大石剛一郎  弁護士 
   斎藤悦子  当事者  家族 
   小泉佳世  当事者  家族
  監 事  小嶋珠実  社会福祉士 
   飯塚亮介   税理士 

沿革

1979年(昭和54年)に自閉症の親が、自閉症ゆえの子育てや療育の困難さを話し合う場として、また行政への働きかけを目的として「川崎市自閉症児者親の会(くさぶえの会)」を設立、その後、自閉症当事者とその家族を支援し、共に生きる社会を実現するため2014年、一般社団法人を取得しました。


方針

自閉症及びその周辺の障害(以下自閉症スペクトラムとする)を持つ当事者及び家族・関係者に対する支援を行うとともに、自閉症スペクトラムに関する社会一般への啓発を図り、自閉症スペクトラムのある人たちの福祉の増進に寄与する。


事業内容

  1. 自閉症スペクトラムに関する相談事業
  2. 自閉症スペクトラムに関する医療・教育・福祉等の研究会・講演会の開催
  3. 自閉症スペクトラムのある人の権利擁護を推進する事業
  4. その他
    ◎ 広報活動
    ◎ 当事者及び家族の社会参加するための支援活動
    ◎ 関係各機関との連携