会 長 挨 拶 (一部抜粋)

川崎市自閉症協会(くさぶえの会)会長 明石 洋子      
akashikaicho   昨年の総会は「親の会設立30周年記念総会」といたし、この1年は、30周年記念事業として、服巻智子先生、大石剛一郎先生、梅永雄二先生の3回の講演会と、「ようこそ自閉症ワールドへ〜ライブ&シネマ〜」と題しての、会始まって以来の大イベントを開催しました。皆様のご協力のおかげで記念に残る行事になり、心より感謝いたします。

   このたび国連が、「自閉症について社会全体の理解を深め、共に暮らせる社会にしていこう」と、世界規模で啓発活動を推進させるため、「4月2日を世界自閉症啓発デー」と制定しました。それに応じて日本でも啓発活動が進むように、4/2〜8日の1週間、「発達障害啓発週間」を設けました。  

   川崎市自閉症協会では、国連バン事務総長のメッセージのように「ポジティブな認識を広げよう」と、自閉症を楽しく知っていただくための、「啓発講演・ライブ・映画」と3部作の楽しいイベントを開催しました。川崎市市民プラザのふるさと劇場(500名定員)で立ち見も出るほど、多くの方々が来てくださり、NHK等マスコミにも広く映像が流れ、更に出演者のドキュメント番組なども作られ、4/2〜5/19まで放送10回以上、本当に最高の啓発活動ができました。

   イベントの報告集もかね「自閉症の正しい理解と適切な支援」を願って、啓発誌としての「親の会30周年記念誌」を作成します。先輩達が築き上げられた業績を元に、さらに地域福祉の新しい流れに沿って運動している今、「そしてこれから」を皆で考えたいと思っております。法に定められている「一人ひとりのニーズにあった支援を行う」ためには、まずは、親の私達が「思いを声に」ですから、会員の皆様全員へお送りしましたアンケートへのご協力よろしくお願いいたします。潜在化している「思い」を顕在化し、情報を共有して、前向きな活動ができればうれしいです。

   会(役員)が何をしてくれるかでなく、自分に何ができるかという、ポジティブな発想で、まさに「YES WE CAN」の会でありたいですね。現在、会としては、地区活動や、体育訓練会、生活訓練会、作品展実行委員会、アートスクール実行委員会、広報部、ホームページの他、会員相互の情報交換や研修会や行事など開催して自ら企画し学ぶ活動の場、「バンビグループ」(小学生以下の子を持つ親)、「つばさの会」(中学高校生の子を持つ親)、「トライアングル・k」(高機能グループの子をもつ親)、川崎おやじの会(父親グループ)が活発に活動しており、嬉しい限りです。ただ、成人になった特にカナータイプの古典的自閉症といわれる子を持つ親から、「古い会員ために何をしてくれるの?」との要望をいただいていました。昨年「シフトの会」(抱え込まないで、地域にシフト=託す)を立ち上げ、早速課題であった「NPOかわさき障がい者権利擁護センター」設立(6/14に設立記念式典開催)にこぎつけましたが、今年度は会員皆様の該当年齢の親の部会として、活動を広げたいと思います。財産管理より身上監護が主の障害者のための「成年後見」や地域で豊かに暮す人権擁護のシステムつくり、暮らしの場のグループ(ケア)ホームの設立、ヘルパー派遣等の日常生活支援システムつくりなどなど・・・親亡き後のことは親あるうちに考えて、「欲しいサービスがないなら自ら作ろう」の心意気で実践する部会です。積極的なご参加を期待しています。

   本日の総会後、第2部として、発達相談支援センターの武居先生をコーディネーターにシンポジュームを行います。アンケートの内容に即して、「今」の親の思いを伝え、川崎の情報を共有し、「これから」のサポート資源の発掘、連携体制等考え、安心して幸せに暮らせる「共生社会川崎市」になるように、方策を話し合いましょう。福祉の流れが「施設から地域」となった以上、わが子が地域の中で、「ありのままで、自閉症のままで、OKです!」と言われるような、川崎の街になるよう、皆さまと共に力を合わせて運動して行きたいと思います。行政初め支援者の皆さまのご理解とご支援のほどお願い申します。
本日はどうもありがとうございました。

いとしご(平成21年7月15日発行 増刊)より一部抜粋