くさぶえの会の活動報告と来年度の目標

川崎市自閉症協会(くさぶえの会)会長 明石 洋子      
   皆様お変わりございませんか?私が会長になってはや3年、平成20年度も、もう終わろうとしています。皆様の日ごろのご協力に感謝いたしております。
   おやじの会も発足して2年すぎ、いまや存在感は絶大で、全国に向けて活発に活動してくださっています。
   日ごろの活動及び、4月5日(日)の「発達障害啓発週間イベント:ようこそ自閉症ワールドへ」のご案内も含め、新保 浩さんに、私が企画編集委員をしています日本自閉症協会の機関紙「いとしご」(3月発行)に登場していただきますし、更にNHK横浜放送局が3月7日の「川崎おやじの会」の会合等を取材されます(4月の啓発週間に放送予定)。
   このような市民への啓発活動にも、また「第3次かわさきノーマライゼーションプラン〜まちで暮らそう21世紀〜」のパブリックコメント提案にも、お父さん方が積極的に関わってくださって感謝しています。同じく、バンビの会(幼児小学生)、トライアングル・K(高機能部会)、つばさの会(中高生)等々、講演会や見学会など自主企画し、会員に発信され、各部会の活動は目覚しいものがあります。会員の方々が個人の能力を最大限発揮されて、生き生きと活動されている姿を目にして、嬉しく思っております。
   更に来年度は「シフトの会」を発足します。今までわが子を抱え込んでいたのを他人に託す(シフトとする)システムを作ろうと会員が立ち上がってくださいました。親亡き後を「親がいるうちに」考え、システムを作りたいと思います。
   その1つとして、権利擁護を積極的に推進するために、「特定非営利活動法人かわさき障がい者権利擁護センター」を設立します(1月9日に県にNPO申請)。
   川崎市障害者保健福祉計画において、国の障害者自立支援法の主旨に沿い、「地域での自立した生活の推進」、「利用者主体(自己選択・自己決定)の支援」、「利用者支援システムの構築」、「総合的なリハビリテーションシステムの構築」、「地域生活を支える総合的支援の推進」、「権利擁護・サービスの質の向上」、「理解と共感・市民参加の推進」等を実施することが計画されています。
   これらを実のあるものにするためには、親の会自ら動かなくてはなりません。「欲しいサービスは自ら作る」の心意気です。川崎市内の各親の会とそれをサポートする専門家などが連携し、12月17日設立総会にこぎつけました(写真)。かわさき障がい者権利擁護センター設立総会写真
   成年後見制度の利用普及と有効活用を図りながら、生まれ育った地域の中で安心して暮らし続けることができる共生社会を目指したいと思います。
   「シフトの会」は、上記のような権利擁護だけでなく、共同生活     (ケアホーム等)や1人暮らしを支える家事援助等の居宅介護支援システム等々、親亡き後も地域で豊かに安心して暮らせるような仕組みを考えたいと思います。「障害者自立支援法」の見直しや、「障害者権利条約」批准など、わが子の暮らしに直結した制度が次々に決まっていきます。福祉の視点や方向性や課題など勉強しましょう。会員の皆様、困ったことなどどしどしお寄せくださって、「シフトの会」で話し合いましょう。
   また、明石が企画委員をしていました日本自閉症協会発行「防災ハンドブック」ですが、支援者編(赤本)が昨年の7月、本人家族編(黄本)が12月にできました。自閉症の人のための防災マニュアルが出来ましたので、次は避難所生活体験学習等の避難訓練の実施ですね。支援する側もされる側もお互いに相手を知り理解してこそ行動に移せます。誰も余裕のない災害は、日ごろからの地域の方々との絆が発揮されます。4月5日の啓発イベントを機会に「防災ハンドブック」等も活用して、理解と支援の輪を川崎の街に広げていきましょう。
   優しい気づかいの言葉や行動で、人は救われ感謝の気持ちでいっぱいになります。お互いに知り合うことから始まります。これからも会活動にご協力ください。
広報紙 くさぶえ92号より抜粋