川崎市自閉症協会(くさぶえの会)の活動近況

川崎市自閉症協会・川崎市自閉症児者親の会
会長 明石 洋子
  皆様、こんにちは。お元気ですか?

  くさぶえ88号の7ページに、「『NHKハートフォーラムin川崎』を終えて&親の会の今後の取り組み」と題して、今後の取り組みの一つ、権利擁護システムの構築の必要性を書いておりますが、今日はその進捗状況をご報告いたします。

  千葉県条例のような「障害のある人も無い人も共に生きる街に」が川崎で実現できれば、親亡き後も安心して、わが子の「地域で暮らす」が可能となるでしょう。しかし「現実は?」というと、自分を守ることが出来ないわが子たちにとっては、「地域で生きる」はリスクが大きく、親としては不安でたまりません。介護保険導入と同時に「成年後見制度」が法制化されましたが、主にお年寄りの方対象の「財産管理」より、「身上監護」(日常生活支援)の視点での成年後見制度が障害者の方には必要です。

  障害者の成年後見制度は「親亡き後」の問題に直結するので、保護者が「当事者」と言っても過言ではありません。そのために、昨年5月より、川崎の親の会5団体(地域福祉協会、自閉症協会、肢体不自由児者父母の会、重症心身障害児者を守る会、精神障害家族会)が立ち上がって、横断的にまとまり運動を始めました。各会員(保護者)へアンケートをとって「成年後見制度」の知識や利用の有無、期待すること等を調査考察し、専門家(弁護士会、社会福祉士会、司法書士会、行政書士会)のご協力のもと、必要性を確認して、川崎市での「権利擁護システムの構築」に向けて運動を展開してきました。第2庁舎5階の会議室に毎月各会の代表者が集まり、知恵を出し合っての1年半の検討の結果、「特定非営利活動法人(略してNPO法人)かわさき障がい者権利擁護センター」の設立申請を行うことになりました。

  現在、川崎市で行っている社会福祉協議会の「あんしんセンター」での「成年後見制度」の利用は、お年寄りの方が中心で、知的障害者は数名、これで手一杯の状態だそうです。

  また障害者の「成年後見制度」においては、現在日本各地で「市民後見人」構想が持ち上がっておりますが、まだまだ「絵に描いた餅」状況、なかなか実働までにはいたりません。市民後見が実現するとしたら、障害や障害者の生活に知識とノウハウを持っている人(たとえば家族)が研修して、親の会が自主運営するしかないと思います。実働部隊の人材を発掘・提供し、日常生活支援は「市民後見人」に、財産管理や複雑な事件等の難しい問題は専門家に依頼すると言う姿勢が必要と思われます。専門家からは「協力を惜しみません」と言われています。親の会の皆さんのご協力をお願いします(積極的な意思表示をお願いいたします)。

  現在、年内申請に向け、定款や細則、運用規則等作成し、またホームページの立ち上げを計画しています。来年 6月には、設立記念の絵画展(候補は星野富広氏)や講演会(候補は浅野史郎氏)などのイベントを企画しています。ご理解とご協力のほど宜しくお願いいたします。

  さて、次は「自閉症の人たちのための防災ハンドブック」のご紹介を。くさぶえ前号にもご案内しましたが、7月10日に発行しました。自閉症協会全国大会(熊本)で、皆様にお披露目しました(「いとしご」にも紹介)。明石洋子も企画委員会のメンバーです。7月に第1巻「支援する方へ」を作成し、自閉症協会より日本各地の警察など支援機関に発送されました。会員の皆様には、協会のホームページよりダウンロードして使って欲しいと思います。次いで第2巻として、当事者家族編を作成中で、12月9日の障害者の日に向けて発刊予定です。環境の変化に弱いわが子たちにとっては、「毎日が災害」のような激動の時代、地域の方々の自閉症への正しい理解と適切な支援を願ってやみません。このガイドブックが机上の空論で終わらないために、「防災訓練」や「避難所生活学習」など実体験も必要となりますね。

  川崎市社会福祉協会の障害者団体部会(副部会長に明石洋子)では、18年度から防災講演会、防災備蓄倉庫見学会、阪神淡路大震災の被災者(障害者)シンポジューム等を行い、21団体のアンケートをもとに「災害時要援護者のための防災行動ガイド](改訂版)を作成し、20年8月には、市に依頼意見書を添付して提出しました。また防災訓練にも企画段階からの参画を要望しました。残念ながら来年は、東京、千葉、埼玉、神奈川の8都県市の大規模防災訓練が、川崎市川崎区東扇島で開催され、川崎市が当番となりましたので、障害者の団体での参画は無理となりました(個人的には見学にいけるでしょう)。翌22年度は、川崎独自の防災訓練は幸区が当番で行いますので、それには企画段階から参画したいと思います。

  昨年は当会独自にも、市危機管理室地域防災強化担当者のご協力のもと防災学習会を行いました。せっかく「自閉症のための防災ガイドブック」を作成したので、養護学校をお借りして、1泊2日の避難所生活体験を計画しています。笛の吹き方や非常食の試食、更に消防署にも協力を依頼して、起震車や煙体験ハウス、水消火器の使い方等、防災訓練も行いたいと考えていますが、養護学校との日程が合わず、21年度計画にすることにしました。親の会の30周年記念事業の講演(20年度は服巻智子氏、梅永雄二氏、21年度は企画中)と同様、防災訓練会やシンポジュームなども、21年度には計画したいと思っています。

  当会も、会員数が、200名を超え、小学生以下の「バンビの会」、高機能グループの「トライアングル.K」、お父さん方の「川崎おやじの会」、中高校生グループの「つばさの会」等々、従来の南・中・北の地区活動に加え、皆様が自発的に活発に活動していただき、感謝しています。体育訓練会や生活訓練会、またアートスクールや区民祭バザー、作品展などの行事も盛んで、皆様の積極的な参加に感謝しています。新しい取り組みにもご理解とご協力をお願いいたします。

                                           (会報誌「くさぶえ91号」より、抜粋)