平成20年6月5日
川崎市自閉症協会(川崎市自閉症児者親の会)総会 会長挨拶

川崎市自閉症協会・川崎市自閉症児者親の会
会長 明石 洋子
おはようございます。川崎市自閉症協会会長(川崎市自閉症児者親の会会長)の明石洋子です。
本日は、このように多くの皆様が、早朝よりお集まりくださいましてありがとうございます。来賓の皆様もお忙しい中、また雨でお足元の悪い中、当会の総会に来てくださいまして心よりお礼申し上げます。
日ごろのご支援ご協力に深く感謝いたしております。

さて、昭和54年に「川崎市自閉症児者親の会」が設立いたしまして、今年で30年目になります。
それを記念しまして、総会後に「設立30周年記念講演会(パート1)」として佐賀の「それいゆ」の服巻智子先生をお招きして「自閉症スペクトラムの人たちの社会的自立を目指す支援」の講演会を行ないます。更に来年2月に宇都宮大学の梅永雄二先生を講師に(パート2)「就労と社会参加」についてのお話を予定しております。
また、本日は、3月5日の「臨時総会」にて承認を得ました「川崎市自閉症協会」のお披露目をかねております。「社団法人日本自閉症協会」の定款が変更するに伴って、支部が廃止されることになり、「日本自閉症協会川崎市支部」から「川崎市自閉症協会」と名称を変更し、「社団法人日本自閉症協会」の団体加盟会員となりました。
ただし「川崎市自閉症児者親の会」の名称は変わりません。「川崎市自閉症協会」としましては、親の会だけでなく、支援者や本人や兄弟姉妹の会も作ることが出来ますので、今後検討していきたいと思っています。

さて、この30年間、わけの分からなかった「自閉症」という障害を持つ子の親たちが、自ら学びあい、交流と親睦を図りながら、子供たちの幸せな未来を願い、社会での自立を願って運動してきました。私たちの子どもの、知的な障害がある部分は「知的障害」でのサービスを受けることが出来ますが、知的障害より大変な、理解困難な障害である「自閉症」に対しては、正しい理解も適切なサービスもなく、親たちは子育てに困難を極めていました。正しく理解されず適切な支援がないまま、二次障害の「強度行動障害」になったお子さんもいます。
平成17年4月、「発達障害者支援法」が施行され、自閉症に対して「地域の中で一貫して支援する」と言う理念で法律がやっとできました。川崎市も平成18年から「川崎市発達障害者支援体制整備検討委員会」が開設され、今日は後ほど、委員長の藤生(ふじう)こども事業本部本部長さまからご挨拶をいただきますが、川崎市が「自閉症等発達障害児者の地域生活支援」を本格的にしていただけること、本当に嬉しく思います。その委員で親の会の皆様の意見を集約して、私が参画させていただきましたこと、心より感謝いたしております。
そして平成20年1月から「川崎市発達相談支援センター」がスタートし、見学会もさせていただき職員の皆様がすすんで私達の会活動にも参加され、強力な支援者となっていただけますこと、さらに嬉しく思っております。
日本各地のニュースを見ますと、昨今、行政施策の中で、自閉症等発達障害の支援や対応が多く取り上げられて予算化もされました。「発達障害者支援法」の制定に係わった私としては、大変嬉しく思っております。
今後、更に川崎市の障害福祉の将来構想の中にも自閉症等発達障害に対する施策の充実をお願いしたく、200名を超えた会員、一丸となって、有意義な活動を活発に進めてまいりたく思っております。
特に、自閉症児者の自立と社会参加のために、地域の方々の理解と支援が必要で、「啓発活動」が大切と思っております。また自立支援法の理念である「地域での生活」が、絵に描いた餅ではなく、現実的に保障され生活が豊かになるためには、地域の中での選択肢の拡大が不可欠となります。
そのために「地域資源の確保」をこれからも運動して行きたいと思い、「要望事項」に盛り込みました。

さて、この1年間の活動を振り返りますと、幼児から小学生以下の子を持つ若い親たち「バンビの会」も100名超え、昨年新設しました父親の会「川崎おやじの会」も高機能部会の「トライアングル・K」も、毎月会合を持ち、親同士が学びあい、メーリングリストでの情報交換も行い、他団体との交流もされ、驚くほどの活動をされました
更に今年度から進路や就労を学ぶための「つばさの会」も新しく発足し、今後のご活躍を楽しみにしております。
会自体も、他の団体とネットワークを構築して、権利擁護や防災のプロジェクトにすすんで参画しております。
わが子たちが自分の思いや考えを人に伝えられない、また危険を察知できない等々、自分の権利や利益や命さえ奪われたりすることのないよう、さらに「親亡き後も地域で安心して幸せに暮せるよう」、川崎市の他の団体、関係機関とも力を合わせて、「障害があっても住みやすい川崎」へと運動していきたいと思っております。
ではこれからも、さらなるご支援ご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。
本日はご来場ありがとうございました。