「NHKハートフォーラムin川崎」を終えて
&親の会の今後のとりくみ

川崎市自閉症協会・川崎市自閉症児者親の会
会長 明石 洋子
  フォーラムが無事終了し、大盛況でほっとしています。会の皆様のご協力心より感謝しています。
7時間の長丁場でしたが、あっという間でしたね。私は「ハプニングは感動の源」と常日頃から言っていまし
たので、ハプニングだらけのフォーラムでしたが、かえって「人となり」が出てとてもいい講演会でした。
本人からのメッセージも誠実さが出てよかったようで、それを受けてのシンポジュームも熱気むんむんで、各パネリストの思いがいっぱい詰まった内容でした。出演者の誰もが1、2時間は講演する方ばかりで、2日間のセミナーが開催できるくらいの内容でしたね。7時間の開催でしたが、「時間が足りない」と感じられるフォーラムでした。アンケートの感想がとてもよかったので、やってよかったとうれしく思っております。

  私がNHK厚生文化事業団に「NHKハートフォーラム」の招致を申請したのは、昨年(平成18年)の今頃でした。その1年前(平成17年12月)、平成17年4月に施行した「発達障害者支援法」が理念啓発法であるゆえに、一生涯の支援をうたっても、自治体担当者の熱意任せになっており、川崎市の発達障害者支援の動きが見えなかったので、社会福祉法人あおぞら共生会(明石洋子が副理事長)主催で「発達障害の理解と支援を求めて」の講演会&シンポジュームをしました。明石会長議員立法である「発達障害者支援法」の議員連盟事務局長の福島豊衆議院議員に支援の必要性を講演していただきました。市長も来られ、療育福祉課長もシンポジストに登壇していただきました。その場で、これから計画を練っていただいて、その結果を「パートU」でする約束をいたしました。(そのパートUを今回開催でき、お約束が果たせてうれしく思います)
川崎市はすぐに(平成17年12月に)準備会を立ち上げ、平成18年5月に「川崎市発達障害者支援体制整備検討委員会」を設置し、自閉症児者親の会の会長になったばかりの明石が委員として参画させていただきました。そして念願の「川崎市発達相談支援センター」が、20年1月7日に開所します。

  発達障害者支援が川崎市でも本格的にスタートしますので、それを踏まえての今回のフォーラムでしたから、うれしい気持ちで望むことができました。ところで「一生涯、一貫した支援」を法律でうたっても、支援する方の「心のバリアフリー(差別意識の解消)」があって初めて、真のノーマライゼーションが実現します。
さらに、自立支援法の目的の「親亡き後も地域で暮らす」が可能になるためには、親が元気なうちに、わが子の人権が侵害されないような街づくりをしなくてはなりません。
  それで、今回のテーマを、千葉県の条例のタイトルのような「障害のある人もない人もともに生きる街に」にさせていただきました。権利擁護システムの構築を次の運動にしたいと考えています。平成12年介護保険開始と同時にスタートした「成年後見制度」は、実際は高齢者の財産管理が主に運営され、障害者にとっては使い勝手が悪く、特にわが子たちに必要な身上監護(日常生活支援)の視点がおろそかになっています。
地福協の並木理事長と一緒に発起人になって、市内の5つの親の会組織とそれにかかわる専門家(弁護士会、司法書士会、社会福祉士会)に呼びかけ、川崎市民による、市民運営の「(仮称)かわさき障がい者権利擁護センター」を設立したいと構想を練っているところです(検討会議5回開催)。
  障害を持つ人が、一生涯を安全で安心した暮らしができるように、地域の方々に支えていただきたい。そのために地域を耕していきましょう。そしてわが子たちが、成年後見制度を利用しながら、親亡き後も「地域であたりまえに暮らす」(ノーマライゼーション)ことができる街になるように、一緒にがんばりましょう。
(広報誌『くさぶえ88号』より)