平成19年5月22日
社団法人 日本自閉症協会川崎市支部(川崎市自閉症児者親の会)総会 支部長挨拶
支部長(会長)明石 洋子
 おはようございます。自閉症協会川崎支部支部長(川崎市自閉症児者親の会会長)の明石洋子です。総会開催に当たりまして、ひとことご挨拶申し上げます。
本日は、このように多くの皆様が、早朝よりお集まりくださいましてありがとうございます。来賓の皆様もお忙しい中、当会の総会に来てくださいまして心よりお礼申し上げます。

 さて、昭和54年に川崎市自閉症児者親の会が設立いたしまして、今年で29年目になります。自閉症という障害を持つ子の親たちが自ら学びあい、交流と親睦を図りながら、子供たちの幸せな未来を願い、社会での自立を願って運動してきました。
このたび念願の、「川崎市発達障害者支援センター」が、小児療育相談センター(神奈川県児童医療福祉財団)運営で開設できることになり、本当にうれしく、行政の皆様はじめご尽力いただきました方々に心よりお礼申し上げます。

 第2部では、同じ財団の職員でいらした、関水実さんから横浜のセンターのお話をお聞きすることになっていますので、皆様どうぞ第2部もご参加くださいませ。
今までは、わけがわからない子供の行動に対して、また誤解や偏見だらけの「自閉症」という障害に対して、親ががんばるしかなかった時代が長く続きましたが、これからは自閉症児者への適切な「生涯にわたる総合的な支援」や市民への啓蒙などをしていただける自閉症等発達障害に特化した機関ができたことを、大変うれしく思っております。
発達障害に関するネットワークつくりなど、親の会では協力を惜しみませんので、どうかよろしくお願いいたします。

 さて、私は昨年から支部長を引き受けましたが、昨年の総会でお約束いたしました、若い親たち(バンビの会)の活動の充実や、お父さんたちの出番つくり(父親の会)、高機能自閉症の会(トライアングル・kと命名)の新設など、新しい試みをすることができました。

またお父さんたちの協力のもとホームページも開設することができ、会の活発になった活動を皆様にお知らせすることによって、会員も増えましたこと、大変うれしく思っております。皆様のご協力感謝いたします。

 平成12年の社会福祉基礎構造改革から支援費制度、そして障害者自立支援法と、国(厚生労働省)の改革が急ピッチで、なかなか制度についていくのに苦労しますが、基本は、「地域の中で、その人の自分らしく生きることを保証する支援」を考えることです。

私の34歳になる長男初め先輩のお子さんのためにも、「親亡き後も地域で自分らしく暮らすため」の運動を今年度は精力的にしていきたいと思っております。
「くさぶえ」の会報にも書きましたように、わが子が自分の思いや考えを人に伝えられないために、自分の権利や利益をゆえなく奪われたりすることのないよう、親亡き後も後見支援を受けながら、持てる力を発揮して、自分らしい生活ができるよう、親が元気なうちに、「権利擁護の仕組みつくり」を川崎で親の会の皆様と構築したいと思っております。
早速、7月3日に、2月に講演していただきました大石剛一郎先生を再びお招きして、権利擁護(成年後見等)の勉強会をしたいと思っております。

さらに10月13日には、浅野史郎さん(元宮城県知事)や内多勝康さん(NHK生活ほっとモーニングキャスター)を川崎にお呼びして「障害のある人もない人もともに生きる街」(自閉症等発達障害の理解と支援)を願って、まる1日の講演会&シンポジュームを開催したいと思っております。
本年度も、皆様のご協力のほどお願いいたします。
では簡単でございますが、ご挨拶に代えさせていただきます。
どうもありがとうございました。