バンビグループとは?

幼児・小学生のお子様をお持ちの保護者の方を対象としたグループです。

活動内容は?


   毎年、4〜5回の勉強会を開いており、毎回勉強会のテーマを決めて、事前に連絡網等でお知らせをします。
第1回は5月10日(月)に今年度の顔合わせを兼ねて、明石会長にも参加頂き、子育ての相談や情報交換など意見交換を行いました。
   初めての方も気軽に!楽しく!参加して頂ける会です。


勉強会のテーマは?


日頃の子育ての悩み事をみんなで話し合い、子供達にとってより良い支援を考えていきましょう。
教育委員会との懇談会へ向けて、問題点を出し合い将来に繋げましょう。
中学校入学・小学校入学・幼稚園、保育園入園に向けての心配事や実際の学校・園の様子を先輩保護者の方から聞いてみましょう。
明石支部長からのお話
講師の方を迎えての講演会も計画しています。
その他・・・
皆様の参加、協力によって成り立っているグループです。
まだ参加された事のない方も、是非!勉強会へ来てご意見を聞かせて下さい。お待ちしております。
尚、テーマはその年により変わります。とりあげて欲しいテーマ等ありましたら、遠慮なくご意見お聞かせ下さい。
どうぞよろしくお願い致します。
H22年度担当 大久保 池畑 島宗

第五回バンビ・つばさグループ合同勉強会 企業見学会を終えて・・
  第5回勉強会は、2月22日(火)午前10時より富士通ゼネラルハートウエア(特例子会社)の企業見学会を行いました。(バンビ、つばさ合わせて参加者22名)
 代表取締役社長の島野様より特例子会社設立の経緯の説明があり、その後企業内を見学させて頂きました。雇用率は法定1.8%より高い2.4%(親会社含む)で、従業員数27名のうち障がい者が22名。(知的障がい者20名 身体障がい者(聴覚障害)2名 うち重度障がい者5名)。指導員5名。
事業内容は、清掃、販促物梱包・発送・在庫管理、サービス部品梱包・加工、倉庫内部品ピッキング、業者納品受け入れなど8種類の事業に分かれています。
各職場には指導員が設置されているところもありましたが、指導員がいなくても(巡回程度)、作業が可能になるような視覚支援を取り入れ、作業手順書が表示されていました。
どの部門も視覚支援をうまく取り入れ、作業手順書が完成されており、日々の指導員の方々の努力に脱帽です!!従業員の中には字が読めない、書くことが苦手な方も含まれるため、目で見る管理手法を導入しているとの事。何度も、ミーティング、手順書の見直しをされているそうです。
  最後に島野社長から社員の特徴、採用条件、今後の課題を伺いました。
生活指導員の資格をお持ちで、定年まで勤め上げる(ハッピーリタイア)、定年後の生き方(企業側の支援として、何が出来るのか「リタイア後は地域で役に立つ人間になるように」)など、自らの課題を話されていたのが印象的でした。
「社員が明るく元気良く会社へくることが楽しい、と感じてくれる会社を目指す」をモットーにとの事。
又私たち親にとっての今後の課題として、「親は子どもの自立を諦めてはいけない、子どもを社会へ出す努力(就労させる)が責務」として、自立に向け、今から必要な最低限の躾(しつけ)。も教えていただきました。
  沢山のことを学び、教えて頂いたように思う企業見学会で、参加された会員はとても勉強になったと思います。
素晴らしい企業を見学できて良かったです。是非、全国メディアで取り上げて頂きたいです。  
HOME/広報委員会/生活訓練会/体育訓練会/トライアングル・K/
バンビの会/川崎おやじの会/つばさの会/シフトの会/作品展委員会/入会申込み